ONLINE STORE CONTACT

Maffably KUMANO NO KAORI(エムアファブリー 熊野の香り)

2022.11.17

父の年賀状

先日のお休みに、病気療養中の父から「ちょっと来て欲しい」と電話がありました。
急ぎではないようだったので、用事を終わらせて駆けつけると、年賀状の宛名を書いて欲しいと言うことでした。
どうやら今日は腕に力が入らないらしく、困っていたそうです。
そうして宛名を書き始めると、横からこの人はもういないから書かなくていい、この人には必ずかいて、と指示がとび始めます。
書きながら、印刷した年賀状を見ると、新年のご挨拶は今年で終わりにするいう一文が目に入りました。
今年の年賀状が最後だから、ちゃんとしたかったんだな、と納得しました。


早々に感じた年の瀬だったんですが、少し切ないひとときでもありました。



K

お知らせへ戻る